子どものためのセレクト・ブックショップ ちえの木の実
「ちえの木の実」ロゴ
コンセプト
おもちゃ
イベント
おすすめの本
店舗案内
Q&A
リンク
HOME
おすすめの本



書籍名 かぜ
出版社 亜紀書房
著者 イブ・スパング・オルセン・作 ひだに れいこ・訳
出版年 2016年
定価 1,300円+税

あ ら す じ

身体に吹き付けてくる感触や、木の葉がカサカサと舞い上がる音。
風の存在を気づかせてくれるものは様々にありますが、みなさん「風」についてゆっくり考えることはありますか?

今回ご紹介する本「かぜ」は、その風について登場人物と一緒に思いを巡らせたくなる絵本です。

マチルデと弟のマーチンが外で過ごしていると、強い風がびゅうびゅうと吹いてきました。
どこから吹いているのか見に行こうと、2人は風に向かって進んでいきます。
風にのって聞こえてくる声、奏でられる音楽や伝わってくる温度。
それにはきっとこんなおはなしが…と2人は想像をふくらませていきます。

躍動感あふれる絵と一緒に登場人物たちの言葉を読んでいると、まるで自分もその場にいるように、風を感じられます。

風はいつでも心地よいものとは限りませんが、日常で感じる「風」にもたくさんの物語が詰まっていると思うと、風を感じる瞬間の1回1回を大切に思えてきました。

お出かけ前にぜひ読んでほしい本です。




■ バックナンバーはこちら

copyright(c)ちえの木の実,all rights reserved.