子どものためのセレクト・ブックショップ ちえの木の実
「ちえの木の実」ロゴ
コンセプト
ギャラリー
イベント
おすすめの本
店舗案内
Q&A
リンク
HOME
おすすめの本



書籍名 心を育てる絵本選び
― 幼児期に出会う絵本は、その子の心の核となり、思考の基本となります ―
出版社 東山絵本勉強会
著者 向井惇子・東山絵本勉強会
出版年
税込定価 420

あ ら す じ

「子育てに絵本を」―
これは、昔からよく言われることですが、
いざ、絵本を探しに図書館や書店へ行ってみても、
その出版数の多さに圧倒され、なかなか選ぶのが難しいのではないでしょうか。

何を、どのような基準で選ぶことが大切なのか
ということを知ってさえいれば、
迷うことなく、我が子にぴったりの絵本が見つかるはずです。

この冊子は、目黒区区立東山社会教育館が企画した講座、
『子育てに絵本を』から、
かつて、東京・渋谷にあった「童話屋」に勤められていた向井惇子さんが、
講師としてお話されたものを記録しています。
絵本は、声に乗せてみることで真の力を発揮するということ。
聞き手側にまわることで、さらに、その絵本の本質が見えてくるということ。
向井さんは、さまざまな実践と実体験を通して、
私たちに、
絵本について、そして、子どもについて語ってくれます。

講座のために、向井さんが用意した絵本リストは、100冊。
それはすべて、“良質な絵本が心にもたらしてくれる何か”を持っている
作品なのです。

子どもが赤ちゃんのうちから、
親が我が子に与える食事の内容を気遣うように、また、
絵本の内容も、豊かな心の成長を育むようなものを与えてあげたい―。
本選びを通して、普段の子どもに対する接し方や、日々の生活を、
あらためて見つめ直したくなるような一冊です。

冊子の巻末には、講座で使用された絵本リスト、
“子どもの成長に寄り添った絵本 100冊”が紹介されていますので、
本誌を読まれた方は、ぜひ、リスト内の絵本にも出会っていただきたいです。



■ バックナンバーはこちら

copyright(c)ちえの木の実,all rights reserved.