子どものためのセレクト・ブックショップ ちえの木の実
「ちえの木の実」ロゴ
コンセプト
ギャラリー
イベント
おすすめの本
店舗案内
Q&A
リンク
HOME
おすすめの本



書籍名 サトウハチロー
いわさきちひろ詩画集
おかあさん 
出版社 講談社
著者 作・サトウハチロー 絵・いわさきちひろ 
出版年 1989年
税込定価 1,260円

あ ら す じ

 童謡に、「おかあさん」という歌がある。
この曲の一番目は、こんな歌詞である。

  おかあさん  なあに
  おかあさんっていいにおい
  せんたくしていたにおいでしょ
  しゃぼんのあわのにおいでしょ

 この母子の会話で構成された歌詞、それがメロディにのせられると、
何とも言えない、やさしい、すてきな歌になる。

−お母さんのにおい。
それは時に、しゃぼんのにおいであったり、
ひなたのにおいであったり、
お料理のにおいであったりするが、
いつも変わらないのは、“おかあさんって いいにおい”である、ということ。

 サトウハチローさんの生みだす“おかあさん”についての詩は、
まさにその童謡のように、あたたかく、やさしいもので満たされている。
 たとえば、 『おめめが さめれば かあさん』 を読んで思うことは、
嬉しいことや、悲しいことがあったり、
また誰かとけんかをしたとき、ケガをしたとき、
一番はじめに呼んだのは、そういえばいつもおかあさんだった、ということだ。
 この本の嬉しいところは、
思い起こせば確かにそうだったかもしれない、と
誰もが頷いてしまえるような普遍的なものが、
素直に表現されているところ。

 詩人サトウハチローが、“母と子”を詠った詩は、400編近くにまでのぼるという。
そして、その中から丁寧に選んで取り出したものが、本書となる。
 いわさきちひろさんの繊細でやさしい絵をながめつつ、
“おかあさん”に、浸れる一冊である。



■ バックナンバーはこちら

copyright(c)ちえの木の実,all rights reserved.