子どものためのセレクト・ブックショップ ちえの木の実
「ちえの木の実」ロゴ
コンセプト
ギャラリー
イベント
おすすめの本
店舗案内
Q&A
リンク
HOME
おすすめの本



書籍名 ふしぎふしぎ200
出版社 福音館書店
著者 ふしぎ新聞社 編・著
出版年 2001年
税込定価 1,260円

あ ら す じ

月の写真・・・かと誰もが見間違えるような、「ウズラの卵」の写真から、
この一冊は、はじまる。
そして、いくつかの写真によるなぞなぞが続いたと思ったら、
一筆書きのふしぎが連なり、
数多くのふしぎが詰まったクロスワードが何題も続く。
とんち話があって、山程のなぞなぞがあって、
“ヒエログリフ”なんていう古代文字の、暗号解読みたいな文も紹介されている。
まだまだある。
方言のふしぎ、体のふしぎ、天体のふしぎ、いのちのふしぎ・・・・・・。
疑問が、興味が、知りたい!という尽きることのない欲求が、
ページをめくる度に、充分に満たされていくようだ。

「たくさんのふしぎ」という月刊雑誌があって、
これは、名前の通り、ほんとうにたくさんのふしぎと出会わせてくれる、
魅力あふれる雑誌だ。
毎号、題材は様々なので、飽きることなく家族全員で楽しむことができる。
それが、1985年からの200冊分、この一冊にまとまった。

はじめて知る『ふしぎ』、思い込みだったと気付くような『ふしぎ』、
曇りガラスの向こうにあった『ふしぎ』も、
霧が晴れるように目の前にその全様を見せてくれる。

  「これ、なーんだ」
  「鳥のように空を飛べたら」
  「ノラネコのあとをつけてみよう」
  「うたがいの使いみち」
  「自動車も新幹線も飛行機もなかったら・・・」

読み終わる頃にはきっと生まれているはずの、もっと別の『ふしぎ』を、
今度は自分で、追いかけてみたくなるかもしれない。



■ バックナンバーはこちら

copyright(c)ちえの木の実,all rights reserved.