子どものためのセレクト・ブックショップ ちえの木の実
「ちえの木の実」ロゴ
コンセプト
ギャラリー
イベント
おすすめの本
店舗案内
Q&A
リンク
HOME
おすすめの本



書籍名 「ちいちゃんのかげおくり」
出版社 あかね書房
著者 作:あまんきみこ / 絵:上野紀子
出版年 1982年
税込定価 1,223円

あ ら す じ

『かげおくり』という遊びを、ちいちゃんに教えてくれたのはお父さんでした。
10(とお)数える間、地面にうつる影を、まばたきもせずじっと見つめて
「・・・ここのつ、とお」と言ったら、空を見上げる。
すると、見つめていたかげぼうしが、そっくり空にうつって見えるんだよ ─ と。
早速家族みんなで手をつなぎ、足元に目をおとしたあと、青く晴れ渡る空を
見上げれば、目のうごきといっしょに、白い四つのかげぼうしが、
すうっと空に上がりました。
それは、大きなおおきな記念写真のようでした。

時は、戦の最中。
体の弱いお父さんも、戦地へ赴かなければならなくなりました。
やがて戦は激しさを増し、かつて『かげおくり』をして遊び、見上げた空にも
焼夷弾を乗せた飛行機が飛ぶようになりました。
そして、夏のはじめのある夜。

その時は、突然にやってきました。
町に爆弾が落とされ、その一面が焦土と化しました。
燃える川、焼き払う風、襲う炎 ─ すべてが赤と黒に染まる中、
人々は逃げ惑い、家族とはぐれ、己の死に気付く間もなく、その命をとじました。
決して抗うことのできない、強制的な一瞬で、人はすべてを失いました。
そして、ちいちゃんも家族を亡くし、
あとを追うようにひとりぼっちで、その小さな命をとじました。

いつの時代も、『戦争』を引き起こすのは、必ず私たち『人間』です。
蒼天の下、空を見上げるあなたのまなうらに、
あの幸せだった家族の影がうつるでしょうか。
今はもういない、あの幼い女の子のあどけなく笑う声が聞こえるでしょうか。
あなたと同じだけ、誰もが幸せであるように、自分にできることはなんでしょうか。



■ バックナンバーはこちら

copyright(c)ちえの木の実,all rights reserved.