子どものためのセレクト・ブックショップ ちえの木の実
「ちえの木の実」ロゴ
コンセプト
ギャラリー
イベント
おすすめの本
店舗案内
Q&A
リンク
HOME
おすすめの本



書籍名 だれも知らない小さな国
出版社 講談社
著者 佐藤 さとる
出版年 1985年
税込定価 1,155円

あ ら す じ

主人公が少年時代に見つけた、ある小さな山。
長いこと、誰も足を踏み入れなかったようなその場所は、
青々とした草地があり、こんこんと湧く水をたたえる泉があり、
陽をうけてきらめく小川が流れる。
主人公は、その美しい小山で、色鮮やかな花をつける椿の木に登り、
風の音を聴きながら読書をし、夏休みを過ごした。
そんなある日、少年の前に不思議な小人が現れた。
―もしかしたらあれは、近所のおばあちゃんが言っていた神さまに違いない。

そんな回想の場面から物語は始まり、やがて主人公は大人になる。
いつまでも小山の風景、そして小人の存在を忘れることのできない主人公は、
再びかの地へ赴き、昔と変わらずにそこにある小山を目の当たりにする。
この小山をいつか自分のものにしたい・・・
強く願う主人公の前に、不思議な小人が再び姿を現した。
彼らはいったい、何者なのだろう?

日本のファンタジー作品を語る上で欠かせないこの物語は、
出版から50年近く経った今もなお、年齢を問わず多くの人々に
愛され続けいる。
シリーズ7巻の他、最近では幼年向けに絵本も出版されている。



■ バックナンバーはこちら

copyright(c)ちえの木の実,all rights reserved.