子どものためのセレクト・ブックショップ ちえの木の実
「ちえの木の実」ロゴ
コンセプト
ギャラリー
イベント
おすすめの本
店舗案内
Q&A
リンク
HOME
おすすめの本



書籍名 ねえさんといもうと
出版社 福音館書店
著者 作:シャーロット・ゾロトウ / 絵:マーサ・アレキサンダー
出版年 1974年
税込定価 1,155円

あ ら す じ

 姉さんがいるって、すてきなことです。
何をするにも、二人一緒なら楽しいし、
頼りがいがあって、そばにいてくれると安心できます。
 でも、そんな頼りになる姉さんは、ときに母さんのようにもなります。
“さあ”だの、“ほら”だの、“こうなさい”だの、“だめよ”だの・・・。
姉さんは、妹や弟を思うばかりにこんなことばを使うのです。

 この本に登場するねえさんも、いもうと思いのやさしいねえさんでしたが、
なにかにつけていもうとに“こうなさい”と言うのでした。
いもうとはある日、そんなねえさんから離れてひとりになってみたくなり、
こっそりうちを抜け出すのです。いちめんの野菊のはらっぱへ・・。
ねえさんがいもうとを、そしていもうとがねえさんをいたわる場面には、
胸を打たれる方も多いのではないでしょうか。
思いやりの心が随所に溢れる、美しい物語。



■ バックナンバーはこちら

copyright(c)ちえの木の実,all rights reserved.